現代の忍者たち

忍者になれる人ってどんな人なのでしょうか?
忍者っていつもは何をしているの?
現代の忍者ってどんな格好してるの?

そんな疑問を思い浮かべたことのある方は多いと思います。
いや、いねぇだろ!

今回は今話題の現代型の忍者を紹介します。

<お風呂で白濁色の入浴剤入れて、
そのまま潜って、中々浮上してこない忍者>

お風呂で息止めて何秒潜れるか選手権したこと、誰しも1回は経験ありますよね。
まあ、参加者自分一人ですけどね。

実はこれは列記とした忍者修行の一つだったんです。

忍者は敵に襲われたときに、水遁(すいとん)の術を使いました。
水遁の術とは池や川などに潜り身を隠す術です。
漫画NARUTOで繰り出される水遁水龍弾のように攻撃力はありませんが、
敵から逃れる術として重宝したそうです。
ちなみに
水中で息を止めている時間のギネス記録は
ドイツ人ダイバー、Tom SietasNさんの22分22秒だそうです。
この方は水遁の術をマスターしていると言って良いでしょう。

みなさんはお風呂で知らず知らずの内に忍者修行を積んでいたのかも知れませんね。

<二次会や会計時、突然消える忍者>

会社の飲み会で「よし!二次会行くぞー」ってなった時に、
いつの間にか居なくなる人いませんか?
あれ実は忍者なんですよ。
でも、あなたに姿を消したことがバレてしまっているので
その方は、まだまだ修行が足りませんね。見習い忍者ですよ。

この術は隠れ身の術と言います。
この隠れ身の術を極めし者はその人がいなくなった事にも
みんな気づかないのです。

なので、二次会とかで急に消えてあいつどこいった?って
なる人は忍者修行を積んでいるのかも知れませんよ。

<さっきまでそこに居たのに、もう違うところにいる忍者>

ついさっきまでそこで買い物してた彼女が、違うショップで洋服を見ている!?
または、さっきまでそこで砂いじりしていた我が子が、なぜかジャングルジムにいる!?
とかいう経験のある方多いかと思います。

実はそれ分身の術を目の当たりにしていたんです。
知らず知らずの内に分身を作り出し、あたかも瞬間移動したかのように錯覚させていたのです。
しかし、修行をしていないので制御不能なのです。
自分が分身した事にすら気づいていません。
なぜ、分身の術が勝手に発動してしまうのかというと、
それは好奇心のせいなのです。
好奇心というのは突発的に表れるものなので制御できないのです。

みなさん、忍者になる潜在能力は持っているという事ですね!
あとは、日々の鍛錬を積み重ねる事によって術を使いこなせるように精進するのみです。

世の中には忍者になるための修行を行える場所がいくつかあるようです。
興味のある方は1度行ってみてはいかがかでしょうか。

以上、「現代の忍者たち」でした!